一日3食は、胃腸を疲れさせ体の不調を招く

オススメ

こんにちは!鍼灸師のこまつです。

以前本来の食事は

『健康を維持する為に、体に必要な栄養分を必要なだけ取り込むこと』

とお伝えしました。



1日3食しっかり食べる。
という固定概念に囚われていると
実は意外な落とし穴に、、、

なんていうこともあります。

ちなみに私は
今日で3日間のファスティングが終わり
明日から回復食になります。

酵素ドリンクとお水だけで過ごしました。
また詳しく書きたいと思いますので
ここでは割愛いたします。

1日3食では、内臓は十分に休むことができない

「1日3回の食事」が体に与えるダメージについて詳しく考えていきましょう。

1日3食の弊害として、最初に挙げられるのは

【胃腸をはじめ、内臓が休む時間がない】

ということです。

人のカラダにおいて、食べ物が胃の中に滞在する時間(消化されるまで)
は平均2〜3時間、脂肪分の多いものだと、
4〜5時間程度であるといわれています。

小腸は、胃から送られてきた消化物を5〜8時間かけて分解
水分栄養分8割を吸収
大腸は、小腸で吸収されなかった水分を15〜20時間かけて吸収します。

ある日の吉田くんの日常を一緒に見ていきましょう!

AM8:00 朝食

PM12:00昼食

PM19:00夕食

1日3度食事をすると、朝食から昼食までの間隔は4〜5時間
昼食から夕食はまでの間隔は6〜7時間程度となりますね。

前の食事で食べたものが、まだ胃や小腸に残っている間に
次の食べ物が運ばれてきてしまいます。

そうなると胃腸は休む間も無く
常に消化活動をしなければならなくなり
どんどん疲弊していきます。


しかも、年齢を重ねるにしたがって
消化液の分泌が悪くなり、胃腸の働きも鈍くなります。

悪循環ですね!こうなると、ますます消化に時間がかかり、胃腸も疲れやすくなります。

胃が疲弊すると、肌や髪にも悪影響

1日3回、せっせと食事をとり続け、胃腸が疲弊すると
カラダには様々な不調が現れます。

まず、胃腸が疲れ、消化機能が衰えると、食べ物からきちんと栄養分を摂ることができなくなり、カラダに必要なビタミンミネラル、微量元素不足に陥り、疲れやすくなったりだるくなったり、肌や髪のコンディションが悪くなったりします。

他にも「胸焼け」「胃もたれ」「食欲不振」が起こりやすくなります。

胸焼け=食道と胃の間の筋力が弱くなって、胃の入口部分の締まりが悪くなり、胃液が食道に逆流することで起こります。

胃もたれ=胃の機能が衰えて消化に時間がかかり、食べ物がいつまでも胃に残ることで起こり、胃の消化機能が落ちれば「あまり食べたくない」という気分にもなるでしょう。


『最近、胸焼けや胃もたれの回数が増えた』
『昔に比べて食欲が落ちた』

という人は、胃が疲れている可能性が高いので
ぜひ休めてあげてください。

腸内環境の悪化が、全身にダメージを与える

腸が疲れ、働きが鈍くなると
消化しきれなかった食べ物が腸内に残り
それらはやがて腐敗し、アンモニアなどの有害物質を発生させます。

腸の中には
・消化を助け健康を維持する働きをする善玉菌
・腸内を腐敗させ病気の原因を作る悪玉菌
・カラダが弱ると悪玉菌に変わる日和見菌

といった腸内細菌がおり、健康な時は善玉菌が優勢!
腸の中に老廃物やカラダにとって不要なもの、
有害物質がたまり、腸内環境が悪化すると
悪玉菌が優勢になります。



すると、腸の働きがますます鈍くなるという悪循環が起こり
便秘や下痢などが起こりやすくなります。

さらに、腸で発生した有害物質は、血液に乗って全身にまわります。
そのため、肌荒れがひどくなったり
体臭がきつくなったり、時にはガンなどの病気が引き起こされたりします。



また、腸には食べ物を消化・吸収し、不要な物を老廃物を排泄するだけでなく

『体内に侵入しようとする異物を排除し、身体を守る』

という免疫機能が備わっています。


腸の機能が衰え、腸内環境が悪くなると、免疫力が低下して
風邪や肺炎などの感染症にかかりやすくなる。
アレルギーがひどくなる。ガンが発生する。

といったことも起こりやすくなります。

まとめ

内臓は言葉で疲れた!
こんなに働いているんだから給料くれ!有給くれ!
なんて教えてくれませんが
しっかり自分の身体と向き合えばそういったサインを出してくれています。


腸内環境が免疫に関わることは知っている人も多いかと思います。

しかし、実際に意識するところまではなかなか至らない。


無理に断食をしたりするのもかえってストレスにもなりますが
睡眠8時間+8時間の断食でも
定期的に行うことで身体は変化しますので、ぜひやってみて下さい。

コメント