年末まだ仕事があるのに、二日酔いのお父さん

鍼灸

12月は忘年会シーズン
連日連夜お酒の飲み過ぎで二日酔い
食べ過ぎで胸焼け、、、

私も最近飲み過ぎるほど飲んでないですが
飲みだすと本当に長くなる人間の部類に入ると思います。笑
特性としては最後に米を食べたくなる、、、(初めから定食食べて帰れ)
締めにラーメン
よく聞きますが、私の場合ラーメンとチャーハンとビール

カオスw

散々飲んで食べて最後これ。
次の日、後悔するやつ。
分かるお父さんは分かるでしょ?
実はこれは肝臓でアルコールを分解するのに
糖質を必要とするので、このせいです。

仕方ないさー!に訂正しておきましょう♪

連日連夜忘年会やらなんやら続いて
お身体も疲労が溜まります。
12月ってなんでこんなに忙しいのでしょうね!


身体の疲労や胸焼け、二日酔いは分かりやすい
症状ですが、内臓の疲労は分かりにくいですよね。
東洋医学では検査の中で
を診たりお腹顔色など総合的に検査
行い状態を診ていきますので
飲み過ぎ食べ過ぎすぐ分かりますよ(笑)

二日酔いのツボ

二日酔いでは、お酒の飲み過ぎにより
肝臓がアルコールの分解をスムーズにおこなえず
不快な症状が起こります。


このような時は解毒作用のあるツボを刺激して
二日酔いの症状を和らげましょう。

いつも優しく見送ってくれる奥さん!!!
『そんなになるまでなんで飲むねん!』
って言わないで下さいね(笑)

そんな強い味方になってくれる
ツボを紹介していきます♪

【期門(きもん)】

【合谷(ごうこく)】

【公孫(こうそん)】

【陽陵泉(ようりょうせん)】

【期門】は
【合谷】は
【公孫】は
【陽陵泉】は

“食事で緩和”する方法

緩和する前に知っておきたいこと!
二日酔いになってしまうのは、飲み過ぎでなりますが
これは上記のように肝臓の代謝能力が追いつかず
有害物質の“アセトアルデヒド”が処理しきれないこと
お酒による胃、腸の障害、脱水など複合的な要因によって起こります。

ではどうすれば二日酔いにならないのでしょうか?

・肝臓の代謝機能を上げる成分を身体の中に取り入れる
・水とエネルギーを補給する(アルコール分解時に大量に消費される水分とエネルギー)
・尿や汗、深い呼吸でできる限り体外へアルコールを放出する

※これだけでも“二日酔い”対策になりますよ(^^)

予防できる食材もたくさんありますよ♪

・食べ物

枝豆、納豆、もずく、とろろ、なめこなど(ネバネバ系)
はまぐり、イカ、タコ、エビ、しじみ(魚介系)
酢の物、ナッツ類、トマトなど

・飲み物

梅干し、レモン、お酢、お茶、トマトジュース

※飲んだ後にスポーツドリンクは糖質を効率よくとれるのでオススメです。

東洋医学から見た“二日酔い”

消化吸収と密接な関係のある“脾”
自律神経と関係の深い“肝”

・気が上に上がり滞った状態
→頭痛、胃もたれ、吐き気

・体内に熱がこもった状態
→吐き気、口乾、頭痛、濃い色の尿、ほてりなど

・体内に水分が過剰な状態
→頭痛、吐き気、むくみ、下痢、倦怠感、多汗など



コメント