鍼灸師が教えるオススメウォーキングシューズ

オススメ

ウォーキングシューズといえばニューバランス

2013年から5年連続でNo.1みたいですね。

今回はニューバランスのたくさんのシリーズから

こちらの880シリーズをご紹介します。

私自身、この880に出会って歩く

距離、習慣、歩幅、歩きやすさが劇的に変わったと言っても過言ではありません。

New Balance 880

歩きやすさを追求して作られた、ニューバランス880。

性能などは公式のサイトをご覧になってもらえれば

詳しく載っていますので

私の感想をのせておきます。

私の場合、25.5センチで足の幅が狭く、甲も高くないので

やや細めの足ですのでフィット感がある方が好きです。

表記として2E(標準)、4E(幅広)とあります。

作りとしてはややタイトな作りになっていますので

2Eがちょうど良いサイズ感でした。

この880の優れているところはやはり、着地から蹴り出す時の抜群な安定感。

足の親指をしっかり使える事は人間の構造的にも優れたウォーキングシューズですね!

内側アーチは『石橋』を叩いて渡れ!?

まず、人間の構造的に足の裏にある

土踏まずと言われる内側アーチと言われるところ。

これは昔から伝わる『石橋』の構造に似ています。

上からや横からとどれほど押して崩れない『石橋』

でも、こんな全盛期のピーターアーツのような強い『石橋』でも

真下から真ん中を真上↑に押し上げるようにすると

全て崩れるんです。

・・・ということは、インソールで無理に持ち上げるような形を

とると足の裏はどうなるでしょうか?

実は、膝や股関節、歩き方など全てが変わってきてしまいます。

先日、患者様が足底板を病院で処方され

一気に歩き方が変わり反対側の股関節、腰、足底板側の膝に水がたまるようになりました。

不思議な事のようですが、当たり前の現象だと思います。

もちろん、その足底板は一生つける事はないでしょう。

洗練されたウォーキングシューズ

無駄に持ち上げないインソールと余計な地面からの衝撃を吸収してくるクッション性

足の幅と甲の部分が低い私には2Eがとてもフィットします。

幅広の方は4Eをオススメします。

さすが歩くために作られた靴といった感想です。

メンズ表記はMW880 レディース表記はWW880

と表記されています。

ウォーキングシューズにしては比較的安価(10,000〜15,000)で手に入りますので

どれにしようか悩んでいる方がいましたら

是非購入を考えてみてはいかがでしょうか?


コメント