鍼灸師が教えるギックリ腰撃退法

鍼灸

季節の変わり目や重たい物を持ち上げた時になりやすい

ギックリ腰。通称”魔女の一撃”とも言われております。

”魔女の一撃”

私自身経験したことがあります。

言わなくても分かる。

痛いってもんじゃない。

元々慢性的に腰痛を抱えていました。

中学2年で椎間板ヘルニアと診断されました。

18歳の頃に腰椎の棘突起3本骨折しました。

それでも今は全く痛みもなく

慢性的な腰痛で何年も悩んでいる方を

救う側にいます。

そもそもギックリ腰になる原因は?

筋肉に対して異常な過負荷が起こります。

簡単にギックリ腰にならない事はお分かりだと思いますが

それほどそこの筋肉が酸欠状態になり、老廃物や古い血液が滞る事で起きやすい身体になっているのです。

腰痛になる原因は?

腰痛の85%は原因不明と言われています。

ではなぜ椎間板ヘルニアと診断された私が今のように

全く痛みを感じなくなったのか?

追求していくととてもシンプルな答えにたどり着き

改善していく事で腰痛とは無縁になりました。

鍼灸師として救う側にもなりましたが

実は硬くなった筋肉を緩めることでもなく

ストレッチを一生懸命するのでもなかったのです。

『重力に対して抵抗する』

つまり、歩くこと!

人として正常歩行をすることで

腰痛とおさらばすることができたのです。

理想として40分程度ですが

まずはあなたが歩くキッカケになれば嬉しい限りです。

とはいえ、ギックリ腰になってしまった場合

歩くことすらままならない!!!

そんな時の対処法は”ハイハイ運動”です。

つま先は立てて、少し顔を上げる。

理想は5分程度です。(かなり疲れますが頑張りましょう)

コメント